赤ちゃんの水遊びはいつから?服装や水温は?お風呂で代用可能?

赤ちゃん 水遊び

 

プール開きや海開きと聞くと、夏が来た!

という感じがしてワクワクしますね。

 

年々猛暑が厳しくなっているので、

赤ちゃんも水遊びができると嬉しいですね。

 

赤ちゃんの水遊びはいつから可能なのか、

服装や水温についても気になりますよね。

 

スペースの問題でビニールプールが

無理だとしたら、お風呂でも

代用できるのでしょうか?

 

今回、赤ちゃんの水遊びに

ついてまとめました。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの公共プールはいつから?

赤ちゃんは汗をかきやすく、体温も

高いので暑い夏は辛そうで

かわいそうですよね。

 

少しでも涼しい気分にしてあげたいので、

海やプールに連れて行きたいと

思う人も多いかもしれません。

 

しかし、オムツがまだ取れない

赤ちゃんは公共施設のプールは

禁止されているところが多いので

難しいでしょう。

 

たとえ禁止されていなくても、

衛生的に気になるので

やめておく方が賢明ともいえます。

 

公共のプールに子供を連れていき

遊ばせるのは、オムツが取れた

3歳ごろからが望ましいでしょう。

 

ただし、3歳でオムツが取れるのは

単なる目安です。

 

完全にオムツが取れていなくても、

尿意や便意をきちんと伝えることができれば

問題はなさそうですね。

 

※関連記事

赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから?保育園ではどうなの?

 

 

水遊びはいつからできる?

赤ちゃんの水遊び自体は、

お座りが安定してからにしましょう。

 

個人差がありますが、月齢でいうと

だいたい7ヶ月ごろでしょうか?

 

しかし、いくらお座りがしっかり

できていても目を離しては

絶対にいけません。

 

赤ちゃんは数センチの深さでも溺れて

しまうことがあるので、ママやパパは

しっかり見ていてあげましょうね。

 

※関連記事

 

 

お風呂でも代用可能!水温は?

自宅での水遊びというとビニールプールの

イメージがありますが、庭がない、

ベランダが狭いなどの理由で

できないこともあると思います。

 

そんな時におすすめなのが

お風呂場です。

 

浴槽に30℃くらいのぬるま湯を

数センチためて、おもちゃを浮かべて

遊ばせてあげましょう。

 

暑さや紫外線、外からの視線などが防げ、

さらにビニールプールを膨らませたり

片付けたりといった手間が

かからないのでおすすめです。

 

水遊びの後はそのままシャワーをして

お昼寝に持って行けるので、流れとしても

かなり楽チンです。

 

また赤ちゃんなら、お風呂でなくても

ベビーバスや大きめの洗面器、

タライなどで十分に水遊びを

楽しめると思います。

 

お座りできない場合は、ママやパパも

一緒に入って支えながら

遊んであげるのもいいでしょう。

 

もちろん、家の中であろうと水遊び中は

目を離さないように見守ってくださいね。

 

 

服装について

ビニールプールの場合は外の視線も

ありますし、水着がふさわしいでしょう。

 

通常のオムツを付けたまま入ると

水を吸って大変なことになるので、

水遊び用のオムツを事前に購入して

履かせておくしょうにします。

 

水遊び用紙オムツが市販されていますが

値段は安くても1枚80円程度。

 

夏中惜しみなく使える…という

金額ではないですよね。

 

そこでおすすめなのが、布タイプの

水遊び用パンツです。

 

布製なので、洗って何度でも

使えるのがお得だし、エコですよね。

 

気になる漏れの防止力については…

 

紙製のものは、吸水ポリマー不使用なので

おしっこを吸水しません。

 

ウンチをブロックするギャザーが付いていますが

完全にせきとめられるわけではありません。

 

布製も同じように、完ぺきではないので

あまり長時間続けて遊ばせることの

ないようにしたいですね。

 

また、水遊び前にはできるだけ

排泄を済ませておくのが良いでしょう。

 

※関連記事

保育園でのプール遊び!水着や帽子はどうする?オムツの時は?

 

 

水遊びの際の日焼け対策

日差しが強い日で紫外線が

気になる場合は、ラッシュガード

Tシャツを着せてあげましょう。

 

自宅でビニールプールを楽しむ場合は

日陰に設置するようにします。

 

日影がなければ、パラソルや

シェードで日よけしましょう。

 

帽子をかぶせるのもいいですね。

 

※関連記事

赤ちゃんに日焼け止めは必要?舐めても大丈夫?湿疹の場合は?

 

お風呂場で水遊びをする場合は、

誰の視線も日差しもないので

裸のままでも問題ないですよね。

 

こういう面でもお風呂での水遊びは

楽でいいかと思います。

スポンサーリンク

 

水遊び中の注意点

先ほども言いましたが、絶対に目を

離さないことが大切です。

 

その他には、

  • 長時間遊ばせない
  • 炎天下を避ける
  • 肌寒い日や暑すぎる日は避ける
  • 冷えるので部屋のエアコンは切っておく
  • 水分補給を忘れない
  • 赤ちゃんの体調をよく観察する

などがあります。

 

時間帯は、午前中遊ばせて

お昼ご飯、その後にお昼寝といった

スケジュールがベストです。

 

ただし、水遊びに熱中してなかなか

終わってくれないことも出てくるでしょう。

 

そんな時は、お楽しみを用意しておくと

すんなり終わってくれるかも。

 

我が子は食いしん坊だったので

お昼ご飯やおやつに好物を用意して

終わったら食べようと誘うと喜んで

終わりにしていました(笑)

 

食べ物をダシにするのも考え物かも

しれませんが、まだ我慢できない時期って

ありますもんね。

 

言葉が伝わらない赤ちゃんでも

 

  • 次は絵本を読もう
  • お腹空いたからごはんにしよう

 

など、声掛けしながら

次の行動に移せたらいいですね。

 

「お楽しみ」をうまく活用して、

スムーズに毎日を過ごせるようにしましょう。

 

 

水を怖がったらどうする?

暑い夏の水遊びは涼しくて楽しいですが、

みんながみんな楽しめるものでもありません。

 

中には、水を怖がって入りたくないと

嫌がる子もいるでしょう。

 

初めは洗面器やタライで試してみて、

怖がらないようだったら次のステップに

進むという感じでやってみましょう。

 

また”水が怖いもの”と思われないよう、

以下の対策をしておくことも大切です。

 

 

水温に気を付ける

冷たいとびっくりしてしまいます。

 

またお風呂の湯船ほどだと今度は

熱すぎるので25~30度を目安に。

 

 

急に入れない

足にそっと水をかけ、

徐々に上にかけてあげます。

 

水の中に入れる時もそーっと。

 

 

ニコニコ楽しそうに

我が子の初めての水遊びにママや

パパが緊張してしまったら、赤ちゃんも

ただならぬ雰囲気を感じ取って

固くなってしまうかもしれません。

 

できるだけニコニコして、楽しそうな

雰囲気を醸し出すようにしましょう。

 

 

少しでも怖がったり、泣きだしてしまうなら

しばらく洗面器を続けて様子をみましょう。

 

水温に気を使ってみたり、

容器を変えてみたり、

何が怖いのかを確認しましょう。

 

無理に大きいプールに入れると今後も

水遊びが恐怖になってしまうかもしれません。

 

また、不安を感じている子にはママや

パパが楽しそうに遊んでいるところを

見せるのも効果的。

 

「水遊びは楽しいもの」と

分かってもらうには、実際に楽しそうに

遊ぶ様子を見せるのが一番です。

 

しかし、年齢的なものや何をしても

怖がってしまう子もいるので、そんな時は

無理強いせず、水遊び以外の別の遊びを

提案してあげましょうね。

 

水に浸からせずにペットボトルや

何かの容器に水を入れたり、水鉄砲で

遊ぶだけでも気分転換になると思うので、

試してみてください!

 

 

最後に…

暑い夏は注意点に気を付けて

水遊びを楽しませてあげましょう。

 

赤ちゃんの間は、外のプールなどよりも

自宅でのプールやお風呂がしっくりくると

思いますので、一度試してみてください。

 

思っている以上に赤ちゃんは集中して

遊ぶので、遊ばせすぎないように

きちんと管理してあげましょうね。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ