赤ちゃんにこたつやホットカーペットはあり?おすすめ暖房器具は?

赤ちゃん こたつ

 

寒い冬はこたつやホットカーペットが

暖をとるのに便利ですよね。

 

一度こたつに入ったらなかなか出られない

ほどの心地良さなので、赤ちゃんにも

使わせてあげたいと思う人は

少なくないかもしれません。

 

でも、こたつやホットカーペットって

赤ちゃんにとってどうなのでしょう?

 

電磁波や低温やけどなども心配です。

 

そこで今回、赤ちゃんに

こたつやホットカーペットは

ありなのかまとめました。

 

また、赤ちゃんにおすすめの

暖房器具についても紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんの体温調節

赤ちゃんは月齢が低い時期ほど

自分で体温のコントロールができないため、

室温や着るもので調節してあげる

必要があります。

 

2歳ごろまではきちんとコントロールして

あげないといけませんが、特に

新生児から8ヶ月ごろまでは

要注意の時期です。

 

 

赤ちゃんにこたつやホットカーペットの使用はあり?

夏はエアコンで室温を保っている

という人がほとんどかもしれません。

 

冬はエアコンの他に、こたつや

ホットカーペットを使用する

予定の人は多いでしょう。

 

エアコンではカバーできない

足元からくる寒さを防ぐのに、こたつや

ホットカーペットは最適だといえます。

 

しかし、赤ちゃんにとっては

使用しない方がいいものなのかは

気になりますよね。

 

赤ちゃんにとって、こたつや

ホットカーペットは使用するのに

リスクが伴います。

 

つまり、”危険”ということです。

 

こたつやホットカーペットによって、

赤ちゃんの薄くてデリケートなお肌は

低温やけどを起こしてしまうことが

考えられます。

 

こたつ布団やラグによって熱が

逃げないようになっているため、

こたつの中は設定温度よりもかなり高温。

 

身動きが取れない赤ちゃんを寝かせておくと

どんどん体温が上昇し、脱水症状を起こし

危険な状態になってしまうことも。

 

また、接触面が少なければ問題ないと

思い込み、ホットカーペットの上に

布団を敷き、赤ちゃんを寝かせ、さらに

毛布をかぶせたりするのはとても危険です。

 

やけどや脱水の他、こたつ布団によって

転倒、窒息してしまうリスクも

低くはありません。

 

こたつやホットカーペットのコードも

口の中に入れて遊んでしまうことを

考えると危険ですよね。

 

さらに乳幼児はこたつの中に入って

遊んでしまう子もいるため、

そのまま寝てしまうなんて

事態になると、本当に危ないです。

 

寒いだろうと思ってしたことが、

最悪取り返しのつかないことになる

ケースもあります。

 

こたつやホットカーペットを使用する際は

くれぐれも気をつけるようにしましょう。

 

 

赤ちゃんを素早く温めてあげたい時は?

手足の冷たい赤ちゃん、心配になりますが

これは異常ではなく普通のことです。

 

寒いのではないかと思って

しまいますが、手足を使って

体温調節をしているだけのこと。

 

しかし手足を温めないと寝てくれない、

なんていう子もいるでしょう。

 

そんな時、こたつやホットカーペットは

すぐに冷えた手足を温めることが

できるため、少しなら使っても

いいかなと思う人もいるかもしれません。

 

しかし、こたつの内部が

高温になっていたら、赤ちゃんは熱さで

体力を消耗します。

 

先ほど説明したように脱水症状を

引き起こしてしまう危険があるのです。

 

赤ちゃんをなるべく素早く温めたい時は

こたつやホットカーペットではなく、

湯たんぽをうまく使うのがおすすめ。

 

もちろん、直接触れるのは危険もありますが

きちんと注意して使用することで

赤ちゃんがほどよく温まるでしょう。

 

※関連記事

冬の赤ちゃんに湯たんぽは必要?お湯の温度や注意点まとめ

 

こたつやホットカーペットの使用は

個人的にはあまり良くは思いません。

 

ダニの発生を考えると、マメに

ケアしないといけないこたつ布団。

 

ハッキリ言って面倒だし、収納場所も

ないので我が家では使用しません。

 

もし、どうしても使用したい場合は、

赤ちゃんを放置せず、こまめに様子を

チェックすることが大切ではないでしょうか?

 

また、こたつやホットカーペットなどは、

大人は温かいと感じますが、

赤ちゃんにとっては「熱い」と感じる方が

多いことも心に留めておくようにしましょう。

スポンサーリンク

 

電磁波の影響も?

スマホや電子レンジなどの

家電製品から発生している電磁波。

 

これは、こたつやホットカーペットからも

発生しています。

 

電磁波によっていろいろな悪影響が

懸念されています。

 

しかし専門家によって意見は様々で、

欧米に比べて日本ではあまり

対策されていないのが現状です。

 

危険という意見があるということを踏まえて

使用するかどうか考えましょう。

 

※関連記事

赤ちゃんはスマホ好き?ブルーライトや電磁波の影響について調べた

 

 

おすすめの暖房器具

赤ちゃんにおすすめの暖房器具とは、

安心、安全なものですよね。

 

その点でいうとやはりエアコン

最適といえるでしょう。

 

触れない位置に設置されているので、

怪我の心配や火災の可能性もありません。

 

ただし室内が乾燥するので

加湿対策は必須です。

 

※関連記事

赤ちゃんにエアコンが必要な理由とは?季節別の設定温度と注意点!

 

オイルヒーターもおすすめですが

本体が重いため、倒れて怪我をする可能性が

あるので注意が必要です。

 

またオイルヒーターにも低温やけどの

リスクがあるので、赤ちゃんから

離れた位置に設置しておきましょう。

 

次におすすめしたいのが、ガス温水式床暖房

 

床暖房には電気と温水のタイプがあるのですが、

電気は放熱量が一定で接触している部分の

熱が放出されずに温度が上昇します。

 

一方、温水タイプは温水を循環させている

だけなので、長時間密着していても

熱が留まらないため高温になりにくいです。

 

このことから電気式は温水式よりも

低温やけどのリスクが高くなると言えます。

 

ただし温水式が高温になりにくいとは言っても

確実に温度は上昇するので、赤ちゃんを

直に寝かせるのはやめてくださいね。

 

床暖房を検討されているママやパパは

赤ちゃんのためにもガス温水式をおすすめします。

 

 

注意が必要な暖房器具まとめ

赤ちゃんがいる家庭で使う、こたつや

ホットカーペットのリスクは

先ほど述べた通りですが、その他に

注意が必要な暖房器具をまとめます。

 

 

石油ストーブ

本体が非常に熱くなるため、

火傷の危険があります。

 

また部屋の空気が汚れる、臭くなるなど

赤ちゃんは余計に辛く感じるかもしれません。

 

 

ファンヒーター

一見大丈夫そうですが、吹き出し口は

熱くなっているので赤ちゃんの

手が触れると火傷する危険性があります。

 

また拭き出し口の風が原因で、

ホコリが舞いやすのも良くないです。

 

 

ハロゲンヒーター

手軽に持ち運びができ、素早く暖をえられる

ハロゲンヒーターですが、本体の軽さゆえ

赤ちゃんが倒してしまう危険があります。

 

また本体が熱いことや倒れたことで

火事が発生する可能性も。

 

 

これらの暖房器具を使用する際は

赤ちゃんから目を離さないことはもちろん

ベビーゲートの設置などリスク軽減の

工夫が必要になってくるでしょう。

 

 

まとめ

こたつやホットカーペットは

赤ちゃんには不向きな暖房器具と言えます。

 

寒い冬は着るものとエアコンで

乗り切るようにするのがベストでしょう。

 

暖房器具を検討しているなら、

リスクを考慮したうえで

オイルヒーターやガス温水式床下暖房を

取り入れるのもいいですね。

 

大人が適温と思っても、赤ちゃんには

暑すぎるということもあるので、

背中やお腹をチェックして赤ちゃんの適温に

合わせるようにしましょうね。

 

また冬は乾燥しやすい季節なので

子どもの脱水予防で水分補給に気を遣い、

こまめに水分を摂らせることを

忘れないようにしてください。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ