赤ちゃんのインフルエンザ予防接種はいつから?必要性と副作用

赤ちゃん インフルエンザ

 

毎年冬になるとインフルエンザが

流行し、猛威を振るいます。

 

小さい赤ちゃんが罹っては大変ですよね。

 

冬の間中家にこもるというのも不可能ですし

パパが通勤途中でうつってしまうことも

あるかもしれません。

 

大人は予防接種を受けるでしょうが、

赤ちゃんっていつから打てるのか

ご存知ですか?

 

今回、赤ちゃんがいつからインフルエンザの

予防接種を受けられるのか調べました。

 

また、本当に赤ちゃんにとって必要なのか、

気になる副作用についてもまとめました。

スポンサーリンク

 

インフルエンザ予防接種はいつから?

赤ちゃんを風邪やウイルスから

守ってあげたいと思うのは親として

当然の気持ちでしょう。

 

インフルエンザは高熱が出るので

幼い体で耐えられるのか心配ですよね。

 

大人は予防接種という対策がとれますが

赤ちゃんはいつから受けられるのでしょう。

 

インフルエンザの予防接種は任意接種、

つまり希望する人だけが受けるもので

生後6ヶ月以降なら可能となっています。

 

6ヶ月未満はママからの免疫が

守ってくれているからだと

考えられています。

 

予防接種はより効果を高めるために、

2回受けることになります。

 

これは生後6ヶ月~13歳未満の

子供が対象です。

 

そして、もちろん任意接種につき

費用は全額自己負担となります。

 

金額は地域や病院によって様々ですが、

一回2,500円前後が多いようです。

 

 

赤ちゃんにとって必要なもの?

実は1歳未満の赤ちゃんは、

インフルエンザの予防接種を受けても

免疫がつきにくいと言われています。

 

これは厚生労働省からの資料に

載っています。

 

1歳未満の赤ちゃんで受けない場合は、

ママやパパなど周りの人が受け、

人ごみにはあまり近づかないように

しましょう。

 

1歳以降になると外に出る機会も

増えますし、兄弟や本人が保育園に

通っている場合もあるでしょう。

 

そうした場所でウイルスをもらうことが

考えられるため、やはり予防接種は

必要と言えるでしょう。

 

しかし、受けたからと言って

絶対に罹らないというわけではなく、

罹っても重症化を防ぐという意味で

とても重要なのです。

 

迷っている人は小児科の医師に

相談してみてもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

副作用はあるの?

他の予防接種同様、副反応はあります。

 

接種部位が腫れることや、

発熱などがあげられます。

 

接種後30分以内は

アナフィラキシーショックが

起こることが多いので、

なるべくその場にとどまり様子を

見るようにしましょう。

 

注意が必要なのは、

卵アレルギーの赤ちゃんです。

 

ワクチン製造時に鶏卵の一部を

使用しているため、

卵アレルギーの赤ちゃんは

接種を控えなければなりません。

 

 

まとめ

生後6ヶ月以降の赤ちゃんは

インフルエンザの予防接種が

受けられることが分かりました。

 

重症化させないためにも、人ごみや

集団生活の予定がある場合は

必ず受けるようにしましょう。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ