赤ちゃんのほくろはいつからできる?メラノーマとの違いは?

赤ちゃん ほくろ

 

赤ちゃんの体は入浴後の保湿の際なんかに

じっくり見ることが多いと思います。

 

その時に、「ほくろってないのかな…?」と

疑問に感じたことはありませんか?

 

気付かないだけで生まれた時からあるのか、

ある日突然できるのか気になります。

 

また、最近よく耳にするメラノーマという

病気との見分け方の違いがあれば

知りたいですよね。

 

そこで今回、赤ちゃんのほくろは

いつからできるのか、メラノーマとの

違いについてまとめました。

スポンサーリンク

赤ちゃんのほくろはいつからできるの?

ほくろというのは、大人になると

大して気にしませんが、

赤ちゃんのことになると話は別ですよね。

 

ある日突然見つけた時、なにかの

病気ではないかと不安になってしまう

ママやパパもいるかもしれません。

 

赤ちゃんのほくろは

いつからできるのか気になります。

 

ほくろは医学用語で「色素性母斑」といい、

メラニン色素を持っている母斑細胞の

集まりなので黒っぽい色をしています。

 

赤ちゃんのほくろは早ければ

生後3ヶ月ごろから出始めます。

 

新生児の頃はほくろはなく、

生まれたときからある黒っぽいアザのことは

「先天性色素性母斑」と呼びます。

 

先天性色素性母斑には大型のものが多く

やはり「ほくろ」よりは

「アザ」という方がしっくりきます。

 

中にはその部分に剛毛が生えてくることも。

 

あまりに大きく直径20センチを超えるようなものは

巨大先天性色素性母斑と呼ばれています。

 

これは将来的にメラノーマ(悪性黒色腫)になる

可能性があるため、その前に手術によって

除去する場合も少なくありません。

 

赤ちゃんの大抵のほくろに関しては

良性のものばかりです。

 

しかし大きい場合や気になる時は、

健診のときや小児科で相談してみましょう。

 

 

メラノーマとの違いって?

メラノーマとは悪性黒色腫という

皮膚がんの病気のひとつです。

 

皮膚の色素を作るメラニンという色素細胞が

がん化したものと考えられています。

 

黒色腫と呼ばれているだけに黒っぽい色が

多いですが、褐色や茶色のものや

肌色のものも存在します。

 

メラノーマは皮膚の悪性腫瘍の中でも

とくに悪性度が高いと言われています。

 

進行すると内臓へ転移して

手遅れになる可能性もあります。

 

メラノーマができやすい部位は、日本人の

場合、以下の三つが多いです。

 

  • 足の裏
  • 手の裏
  • 爪の下部分

 

見た目がほくろと似ているため、

見分け方や違いが気になりますよね。

 

赤ちゃんや子供がメラノーマになる確率は

極めて低いと言われているものの、

やはり心配になる親御さんは多いです。

 

上記の場所にできたもので、以下のような

特徴がある場合は少し心配なので

小児科や皮膚科に聞いてみましょう。

 

  • 左右対称の形ではなくいびつ
  • 直径5センチ以上と大きい
  • 短期間で急にサイズが大きくなった
  • まわりがギザギザしている
  • 色が濃い部分、薄い部分がある

 

手足以外にもこのようなほくろがある場合は

速やかに受診しましょう。

スポンサーリンク

 

悪性、それとも良性?検査の方法

ほくろが悪性か良性のものなのかを

皮膚科で検査する方法は、

ダーモスコピー検査が一般的だと

言われています。

 

ダーモスコープというライトが付いた

拡大鏡を使用して皮膚の状態、

色素沈着の状態を詳しく診察します。

 

患部を切り取ったりせず、全く痛みを

伴わない簡単な検査なので

赤ちゃんや小さいお子さんも安心ですね。

 

ただしダーモスコピー検査を行っていない

病院もあるので、確認の上で

受診することをおすすめします。

 

 

メラノーマの治療は?

検査の結果メラノーマと判明した時は

レントゲンなどで全身の検査を行い、

病気の進み具合を決定、その病期に

ふさわしい治療を行います。

 

がんといえば抗がん剤治療が有名ですが、

メラノーマにはあまり効果がないことが

分かっています。

 

従って、手術で腫瘍をすべて

切り取る方法が一番効果的です。

 

早期発見のものならば簡単な手術で

切り取ることができますが、

発見が遅れたものは全身に転移しているため

手術ができない場合があります。

 

その場合は抗がん剤、放射能療法などの

治療がなされます。

 

 

良性のほくろも除去できる?

大人になってから気になるほくろを

除去したという人はいると思いますが、

赤ちゃんの病気ではない良性のほくろも

除去できるのでしょうか?

 

良性のほくろであれば、

体に何ら影響がないため基本的には

神経質にならず放っておくのが一番です。

 

しかし、どうしても気になる場合は

皮膚科に相談してみましょう。

 

小さなほくろを除去するのは、

 

  • レーザー、電気によって焼き取る
  • 外科的にメスで取り除く

 

などの方法があります。

 

どういった方法が適しているのか

本当に除去すべきなのかは

医師とよく話し合うようにしましょう。

 

ほくろも個性の一つといえます。

 

悪目立ちするものなどでない限り、

赤ちゃんのうちに除去してしまうよりも

大きくなって自分の意志で考える方が

子どものためかもしれません。

 

 

ほくろは予防できる?

ほくろのメカニズムに関しては、今のところ

はっきりと解明されていません。

 

しかし、原因と考えられることの

ひとつに紫外線があります。

 

紫外線を浴びることにより

肌の中のメラノサイトが過剰に活動し、

ほくろが形成されます。

 

このことから紫外線からお肌を守ることで

ほくろの予防にもなるといえます。

 

直射日光を浴びるようなときは、

日焼け止めを塗ったり、帽子を

かぶせたりして紫外線対策をしましょう。

 

ただし極端に日光を恐れる必要はありません。

 

太陽の光は多少浴びることで、骨の成長や

ビタミンDの生成に役立つことが分かっています。

 

ビタミンD不足は骨の成長障がいを引き起こし

くる病発症のリスクになることもあるので、

多少の日光浴は行いましょうね。

 

※関連記事

 

また、すでにできたほくろをいじったり

傷つけることで変化が見られるという

話もあります。

 

ほくろへの刺激でメラノーマを発症することも

可能性としてはゼロではないので、

むやみに触ったり、いじるのはやめましょう。

 

 

まとめ

赤ちゃんのお肌にほくろを発見すると

驚いてしまいますが、あまり

神経質になる必要はありません。

 

顔など目立つ場所にできてしまった時は

手術によって除去することも可能なので、

気にしすぎるのはやめましょう。

 

メラノーマの疑いがある時は、早めに

病院に行き、適切な治療を受けましょうね。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ