赤ちゃんの発熱時はお風呂に入れる?夏と冬や体温で違いは?

赤ちゃん 発熱時

 

赤ちゃんが発熱すれば心配なのは

当たり前ですが、それによって色々な

疑問が出てきます。

 

その疑問の中のひとつが、お風呂に

入れるべきかどうかではないでしょうか。

 

お風呂に入ることで体は温まる気もしますが

逆に疲れさせたり、さらに熱が上がって

しまうことも懸念されます。

 

赤ちゃんが発熱した時、お風呂には

入れない方が良いのでしょうか?

 

また、夏と冬や体温の高い低いなどで

違ってくるのでしょうか?

 

今回、赤ちゃんの発熱時のお風呂について

まとめました。

スポンサーリンク

赤ちゃんのお熱

赤ちゃんは生後6ヶ月頃までは、

ママの免疫がついていることから

体調を崩す子は少ないです。

 

しかし、生後6ヶ月を過ぎると

風邪を引いたり体調を崩す

赤ちゃんが増えてきます。

 

また、上にきょうだいがいたり

保育園に通っている子は菌や

ウイルスをもらうことも多いですね。

 

熱が出たら、何度あるのか体温を測り、

普段の数値より高くて気になる時は

病院を受診しましょう。

 

熱があっても

  • 機嫌が良い
  • 食欲がある
  • おしっこやうんちが出ている

 

など、機嫌が良くて水分が摂れているなら

慌てて病院に行く必要はないでしょう。

 

普段の様子と違っていたり、気になる

症状がある時は迷わず受診しましょうね。

 

 

赤ちゃん発熱時のお風呂は?

赤ちゃんはもともと体温が高く、

汗もたくさんかくものです。

 

熱が出るとなおさら、たくさんの汗を

かきますよね。

 

体がベトベトして気持ち悪いんじゃないか、

お風呂に入れて、スッキリきれいに

してあげたい気持ちになるでしょう。

 

でも熱があるのにお風呂って…大丈夫?

 

お風呂に入ることは、想像以上に

体力を消耗します。

 

ただでさえ発熱で弱っている時なので、

熱が下がるまではお風呂に入るのは

控えるようにしましょう。

 

 

微熱ならOK?

体温によって決めるのもひとつの手。

 

元気が有り余っているのに、熱があるという

だけでお風呂に入れないのも辛いでしょう。

 

微熱くらいなら、様子を見ながら

入浴してもいいかもしれません。

 

ただし、以下の条件をクリアしている

場合に限ります。

 

  • 元気である、機嫌が良い
  • 水分、食欲がしっかりあり摂れている
  • 熱は38度以下である

 

この他にも、気になる症状がある場合は

お風呂は見送る方が良いでしょう。

 

 

夏でも冬でも違いはない?

たとえば、夏は暑いので冬よりも

たくさん汗をかきます。

 

それによってオムツかぶれや発疹、

アトピー性皮膚炎の悪化などを

引き起こす可能性がありますよね。

 

お肌を清潔な状態にしておかなければ

かゆみや痛みが出てしまう、そんな時は

お風呂に入れた方がいいのでしょうか。

 

これも微熱なら何とかなりますが、

高熱の場合はやはり避けたいところ。

 

こういった場合は、お湯で絞ったタオルで

全身を優しく拭いてあげます。

 

熱による汗もベトベトもこれでさっぱり。

 

深刻なオムツかぶれは、洗面器などに

張ったお湯にお尻をつけて洗ってあげます。

 

そうすると体力を使うことなく、お尻だけを

入浴させることができ、オムツかぶれも

風邪も悪化を防げるでしょう。

 

冬、微熱でお風呂に入れてあげるときは

寒いので冷えによってぶり返すことが

こわいですよね。

 

部屋の中はもちろん、浴室、脱衣所も

十分に温めておくことが大切。

 

また、どんな場合でも長湯することなく、

さっと済ませることも重要です。

スポンサーリンク

 

発熱時のお風呂、注意事項は?

さきほど紹介した条件をクリアした場合は

お風呂に入れてもいいでしょう。

 

しかし、注意しなければいけないことも。

 

注意事項をまとめてみました。

 

 

お湯の温度はぬるめが良い

38度くらいのお湯がおすすめ。

 

湯の温度が高すぎるとそれによって

体温が上昇してしまうことも考えられます。

 

夏場なんかはシャワーで流すだけでも

十分かと思いますよ。

 

 

長湯はせず短時間で

先ほども触れましたが、長湯はかえって

疲れてしまうのでNG。

 

汗を流すだけ、くらいでさっとあがって

体を拭くところまで短時間で済ませます。

 

 

髪はしっかり乾かす

髪を濡れたままにしておくと、頭から冷えて

また熱が出てしまう可能性があります。

 

ドライヤーでしっかりと乾かしましょう。

 

 

水分補給はしっかり

お風呂に入ったことでまた汗をかきます。

 

入浴前、後には母乳やミルク、白湯などで

しっかりと水分補給をしてあげてください。

 

 

ほてりがなくなってから着衣

お風呂に入ると体がホカホカして

温かいですが、その状態で服を着ると汗を

かいてしまい、湯冷めの原因となります。

 

ある程度ほてりがなくなってから

服を着せましょう。

 

寝るときも、ほてっている状態で

布団に入ると汗をかくので注意が必要です。

 

 

清潔なタオルや着替えを

風邪の時は、抵抗力が落ちているため

清潔なタオルや着替えを用意しましょう。

 

ほかの家族が使用したタオルなどは

使わないようにしてくださいね。

 

さらに、お風呂の後はとくに注意して

赤ちゃんの様子をみてくださいね。

 

 

まとめ

赤ちゃんの発熱は、生後6ヶ月以降

よく起こるようになってきます。

 

毎回お風呂をどうしようか悩んでいた人は

今回紹介した内容を参考にして

もらえると幸いです。

 

しかし、主治医に指示されていることが

あるならそれに従ってくださいね。

 

赤ちゃんが気持ち良い状態で寝ることができ

早くお熱が下がるといいですね。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ