赤ちゃんのハロウィンの衣装は手作り?人気の仮装を紹介!

赤ちゃん ハロウィン

 

秋のイベントと言えばハロウィン。

 

日本ではなじみがなかったイベントですが、

ここ数年で爆発的に盛り上がるイベントに

なりましたよね。

 

ハロウィンと言えば仮装ということで

この時期は日本各地で仮装に

力を入れている人々を見かけます。

 

実は、赤ちゃんが仮装をすると大人よりも

何倍もかわいくなるのです。

 

しかし、赤ちゃんサイズの衣装って

手作りするしかないのでしょうか?

 

そこで今回、赤ちゃんもハロウィンを

楽しめるような人気の衣装を紹介します。

スポンサーリンク

ハロウィンってどういうイベント?

カレンダーの10月31日には

「ハロウィン」「ハロウィーン」と

書かれていることがありますよね。

 

ハロウィンというのは、10月31日に

行われるケルト人のお祭りが

起源になっていると言われています。

 

ケルト人にとって、10月31日は一年の終わり

とされていて、その日は家族の霊が

訪ねてくると信じられていました。

 

日本のお盆のようなイメージですね。

 

家族の霊に交じって悪霊や魔女が悪さを

する日でもあったので、それらから

身を守るために仮面や焚き火が

用いられるようになりました。

 

また、キリスト教では万聖節である

11月1日の前夜祭として、10月31日は

悪霊を追い出し収穫をお祝いする日と

されていました。

 

悪霊を追い出すのには、同じように

怖い恰好をする必要があったのが

仮装の始まりと言われています。

 

 

トリック・オア・トリートは?

ハロウィンと言えばおなじみの

「トリック・オア・トリート」。

 

「お菓子をくれなきゃイタズラしちゃうぞ」

という意味合いですが、これはヨーロッパの

習慣であるソウリングが関係していると

言われています。

 

子供たちがさまよう霊たちのために

ソウル・ケーキを乞いながら

歌い歩いたというもの。

 

トリック・オア・トリートは、

お菓子を用意して待つ大人と子供たちとの

地域の交流の機会となっています。

 

 

なぜカボチャなの?

10月31日は収穫祭の時期でもあるため、

ヨーロッパで多く収穫できるカボチャを

くりぬいて魔よけとして使われました。

 

目、鼻、口の形をくりぬかれた

ジャック・オー・ランタンは、

「おばけカボチャ」「カボチャ提灯」として

ハロウィンのイメージになりました。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんのハロウィン衣装は手作りが主流?

赤ちゃんのサイズの衣装は少ないように

感じるので手作りしないといけないと

思われがちですが、実はあります。

 

ハロウィンが日本に浸透していくにつれて

この時期は子供用の衣装もたくさん市場に

出るようになりました。

 

もちろん、一時のものなので

手作りするのもありでしょう。

 

赤ちゃんにフィットするので手作りが

可能な人は挑戦してみましょう。

 

どんな衣装が人気なのか気になりますよね。

 

さっそく見ていきましょう。

 

 

ジャック・オー・ランタン

赤ちゃん ハロウィン1

 

やはりハロウィンと言えばカボチャ。

 

一目瞭然でなおかつ赤ちゃんの丸さに

マッチしてかわいいのがおすすめ。

 

お昼寝アートにしてもGoodでしょう!

 

 

ミッキーマウス

赤ちゃん ハロウィン2

 

かわいい仮装といえばディズニー。

 

中でも主役のミッキーは大人気。

 

カラーだけでなんとなくミッキー風に

できるというのも簡単でいいですね。

 

 

ミニーマウス

赤ちゃん ハロウィン3

 

女の子の赤ちゃんなら大きなリボンと

赤いドットのスカートを履かせて

ミニーちゃんに!

 

このままディズニーランドへ

連れて行きたいほどのかわいさです。

 

 

トイストーリーのウッディ

赤ちゃん ハロウィン4

 

仮装するには少し材料が多くて

大変かもしれませんが、保安官のウッディも

赤ちゃんならではのかわいさがあります。

 

お友達とトイストーリーの仲間たちを

仮装できるとかなり豪華ですよね。

 

 

スヌーピーのチャーリーブラウン

赤ちゃん ハロウィン5

 

赤ちゃんの髪がまだ薄めなら、

チャーリーブラウンがかわいい!

 

仮装は簡単そうですが、

誰だか分からないことも考えて、

隣にスヌーピーをスタンバイさせて

おくことをおすすめします。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

ジャック・オー・ランタンやミッキーは

王道中の王道ですが、やはり赤ちゃんが

仮装するとかわいいものです。

 

裁縫が得意な人は、是非衣装を手作りして

そうでない人は購入して赤ちゃんと一緒に

ハロウィンを満喫してくださいね。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ