赤ちゃんにエアコンが必要な理由は?季節別の設定温度と注意点!

赤ちゃん エアコン

 

お腹の中では、赤ちゃんは羊水に

守られていました。

 

そのため、生まれてからも体温調節が

うまくできません。

 

部屋の温度を適温に保つことは

とても重要なのですが、

なかなか難しいと思います。

 

エアコンに頼るのってなんだか

体に悪い気がして、

使ってもいいのか悩みます。

 

そこで今回、赤ちゃんにエアコンが

必要な理由についてまとめました。

 

気になる季節ごとの設定温度や注意点

も併せて紹介します。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんにエアコンが必要な理由は?

必ずエアコンで室温を保つ必要はありません。

 

自然の方がいいのは間違いありません。

 

しかし、特に夏は昔に比べて平均気温が

かなり高くなっています。

 

室内で熱中症になるという

事例もありますよね。

 

赤ちゃんは体温が高く、熱をうまく体外に

放出できないので、なおさら危険です。

 

また、ブランケットなどをかけていても

蹴飛ばしてしまう冬は冷えすぎが心配です。

 

このように、エアコンなしでは赤ちゃんが

快適に感じる部屋作りは難しいのです。

 

しかし冷房病乾燥など、エアコンによって

起こる弊害もあるため、使用を

躊躇してしまう人もいるでしょう。

 

赤ちゃんが快適に過ごせるためには、

どんなことに注意しておけば

いいのでしょうか?

スポンサーリンク

 

エアコン使用時の注意点は?

一番重要なのは、赤ちゃんの状態を

よく観察するということです。

 

冷房で冷えると体温調節が

できないままに皮膚の表面から

どんどん体温が下がっていきます。

 

そして暖房で暑すぎると

熱がこもってしまい、乳幼児突然死症候群

を引き起こすことも考えられます。

 

こういったことを事前に防ぐためには

赤ちゃんをこまめに観察することですよね。

 

また、冬場は乾燥によって風邪を

引き起こすことがあります。

 

加湿器の利用や濡らしたタオルを部屋に

掛けるなど湿度に注意しましょう。

 

湿度計があるとよく分かるので

便利ですよ。

 

エアコンの風は赤ちゃんに

直接当たらないよう工夫してください。

 

風が当たると冷えてしまいます。

 

エアコンをしばらく使っていなかったときは

きちんとお手入れをしてから

作動させるようにしましょう。

 

カビが発生している場合は、赤ちゃんが

吸いこんでしまい、アレルギーの

要因にもなりかねません。

 

事前に必ずチェックしましょう。

 

 

設定温度は?

夏の設定温度は26~28度くらい

冬は20~23度くらいに保ちましょう。

 

設定しておけば常に維持できているという

わけではないので、赤ちゃんの様子を

見ることは怠ってはいけません。

 

その都度OFFにしたり温度調節をして

赤ちゃんが不快にならないように

気を付けておきましょう。

 

寝るときはタイマーがおすすめ。

 

暑さがひどいと大人も目覚めると

思いますので、起きたらまたONにして

タイマーをつけるというように

こまめに繰り返します。

 

もちろん、少し窓を開けて外の空気を

入れるという方法もあります。

 

その際は、くれぐれも開けたまま

眠ってしまわないよう気を付けてください。

 

 

まとめ

我が家では夏生まれということもあって、

夏中はほぼ冷房つけっ放しでした。

 

常に28度設定にして、寒いかなという時は

消して、涼しい時間帯は外の風を

入れるようにしていました。

 

エアコンは現代の強い味方です。

 

しっかりと赤ちゃんを見てあげたうえで

上手に利用しましょう。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ