赤ちゃんのあせも対策まとめ!保湿で解決?石鹸は良くないの?

赤ちゃん あせも

 

暖かくなると湿度も上がりむしむししますが

汗っかきの赤ちゃんは、大人よりも

不快な思いをしているかもしれません。

 

そこで心配になってくるのが「あせも」。

 

かゆそうにしている姿はかわいそうで、早く

何とかしてあげたいですよね。

 

巷では保湿ですべて解決する石鹸は

使わない方がいいという声も。

 

そこで今回、どうすればいいのか分からない

あせもの対策についてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんのあせもの原因

夏場など、暑いときには大人もたくさん

汗をかきますが、あせもになることは

少ないですよね。

 

なぜ赤ちゃんはあせもができるのでしょうか。

 

「あせも」は正式には汗疹(かんしん)

呼ばれていて、かいた汗が

汗腺につまることで発症します。

 

赤ちゃんはたくさん汗をかきますが、

その量は大人の2~3倍とも

言われています。

 

それでも汗腺は大人と同じだけあるので、

狭い皮膚に密集しているということ。

 

それが赤ちゃんのあせもの原因と

言われています。

 

 

放っておくとどうなる?

あせもは誰でもなる可能性があるので

別に大したことはないだろう

と放っておくのはいけません。

 

赤ちゃんの皮膚は薄く敏感で

荒れやすいため悪化してしまう

ことがあります。

 

細菌感染を起こして化膿したり、

とびひになることもありますので、

決して軽視せずに対策しましょう。

 

 

保湿で解決するの?

赤ちゃんの肌にとって保湿は

確かに重要です。

 

赤ちゃんの肌というのは、大人ほど

保湿力があるわけではないので、

きちんとケアしてあげる必要があります。

 

しかし、保湿だけを一生懸命していても

解決するわけではありません。

 

保湿も対策の一部として有効ですので、

徹底してケアを頑張りましょう。

スポンサーリンク

 

石鹸は使わない方がいいの?

出産入院中に沐浴の仕方を習った時は

石鹸をよく泡立てて、と指導されましたよね。

 

退院してからも、当然石鹸や赤ちゃん用の

ボディソープを使って洗っていた人が

ほとんどかと思います。

 

この質問の正解は、‟洗いすぎると良くない

ということかもしれません。

 

大人の肌でもそうですが、

洗浄しすぎてしまうと必要な油分まで

落ちてしまいます。

 

適度に油分がないと

肌は乾燥してしまいます。

 

もちろん、肌に合う・合わないは

ありますが、石鹸が良くない

というわけではなく、洗いすぎが

良くないということでしょう。

 

 

あせもの対策は?

あせもにならないためには汗をかかせない

という考えの人もいるようですが、

汗をかくことで体温調節しているので

ある程度汗はかいた方がいいでしょう。

 

その点も踏まえて、あせも対策を

見ていきましょう。

 

 

汗をかいたらすぐに拭く

汗はそのままにせずに濡らしたガーゼなどで

きれいに拭いてあげましょう。

 

シャワーで洗い流すのも良いでしょう。

 

しかし、あまり頻繁だと肌が乾燥して

しまうので、拭き取る方法と

併用しましょう。

 

 

拭き取ったら着替えさせる

汗で濡れた服のままはよくありませんので

乾いた清潔な服に着替えさせましょう。

 

服の素材も涼しそうなもの

風通しが良いものをチョイスしましょう。

 

 

保湿

拭き取りやシャワーの後は保湿しましょう。

 

カサカサ肌はあせもを発症しやすくなります。

 

 

オムツ替えはこまめに

オムツの中は蒸れてしまうので

あせもができやすいと言われています。

 

吸水性は良いのですが、ウェスト部分なども

汗をかきやすいので注意が必要です。

 

 

このようにあせも対策にはこまめなケアが

大切なのですね。

 

 

まとめ

あせも対策は、こまめに汗を拭きとることが

まずは重要です。

 

清潔と保湿を心がけて、赤ちゃんの

あせもを撃退しましょう!

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ